妊活と腸の健康

新婚生活にも慣れて、そろそろ子どもが欲しい!

しかしなかなか思うように妊娠できないことがあります。

こういった状況になると、いろいろと原因などについて調査し始めると思います。

そして「妊活」という言葉に行き当たることになるでしょう。

妊活とはその名の通り、妊娠をするための活動を行うことです。妊活の一例として、妊娠しやすい体を作り、健康な赤ちゃんを迎え入れる準備をすることも含まれます。

しかし、妊活の一環として腸の健康を意識すると良いということはあまり知られてはいないようです。

妊活と腸の健康・・・

一見何の関連もなさそうな二つのキーワードですが、実は深い関わりがあるのです。

腸が良いと?

腸内にはさまざまな菌が存在しています。

なんとその数なんと100種類以上!また菌の種類も人によってもさまざまです。

たとえ血の繋がった家族であっても、腸の中には異なる菌が存在しています。

また腸内には身体のために良い働いをする善玉菌と、悪さをする悪玉菌、その中立となる菌が存在しています。

悪玉菌が増えると便秘や新陳代謝の低下、老廃物を排出しにくくなるために肌荒れや肩こり、身体のだるさなどが起こります。

逆に善玉菌を増やし腸の状態を整えると、食事から摂取する栄養の吸収力がアップします。そして体調が良くなることにより、ストレスも溜まりにくくなります。

他にも、活性酸素を抑制することで抗酸化作用も見込まれ、肌の調子も良くなります。もちろん、イライラの原因となる便秘も解消できます。

つまり悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことが健康な体を作るのです。

そして健康な身体を作ることで、妊娠しやすい体質を手に入れることができます。

腸に有効な栄養とは?

腸内の環境を改善するには、善玉菌そのものを食生活で取り入れたり、善玉菌にとって必要な成分を摂取することにより善玉菌を増やすことができます。

例えば、ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の一種です。他にもしょう油やみそにも含まれているため、和食を意識的に摂取することにより、乳酸菌やビフィズス菌を食事から摂取することができます。

また葉酸やオリゴ糖も腸内環境を整えるのに大切な栄養素です。

葉酸を摂取することで腸内の粘膜の細胞再生を促進し、腸をきれいな状態に保つことができるようになります。

オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やすきっかけを作ります。

また食物繊維も腸の環境を整えるのに大切な成分です。

食物繊維には水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維があります。水溶性の食物繊維は善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす効果があります。

不溶性の食物繊維は便の量を増やし、悪玉菌が増える原因となる便秘改善に役立ちます。

腸を良くするためには、これらの物質をしっかりバランスよく摂取することが重要になります。

乳酸菌生産物質

しかし食事で栄養素を補おうとすると余分な栄養素まで摂取することになります。

妊娠してから体重が増えやすことを考えると、妊娠前に余計なカロリーを摂取したくはありませんし、また持病を持つ人によっては特定の成分を摂りすぎることで健康に悪影響をおよぼすことも考えられます。

そこでおすすめしたいのがサプリメントです。

近年注目されているのが、乳酸菌生産物質という乳酸菌が作り出す物質です。

乳酸菌生産物質をサプリメントで直接体に送り込むことにより、効率良く善玉菌を増やすことができます。

毎日の生活に乳酸菌生産物質のサプリメントを取り入れることにより、手軽に必要な栄養素だけを摂ることができます。そして善玉菌を増やし、健康な身体を手に入れることにより、ストレス解消も期待できます。

ホルモンバランスも安定し、妊娠するのに最適な身体を手に入れることができます。

乳酸菌生産物質のサプリメントの摂取は、毎日手軽にできる妊活力アップの手段です。

待望の赤ちゃんを妊娠するためにも、是非サプリメントを検討してみてはいかがでしょうか。

妊活に重要なもの

妊活に重要になってくるのは夫婦の健康になります。

健康な身体を手に入れることで妊娠しやすい環境ができ、妊活成功へと導く鍵となります。

早寝早起きをし、規則的な生活をすることでメンタルも安定します。ストレスが減ることでさらに健康な身体作りにつながります。

その生活にプラスアルファとして栄養バランスを考えた食生活をすることで、体調を整えるために大切な腸をきれいにすることができます。

多忙で栄養バランスの良い食事を取れない方だったり、腸内環境を整える食生活を送るのが難しい方は、サプリメントを利用するのも有効な手段でしょう。

妊活を成功させるためにも、まずは腸の健康を意識してみてください。