妊娠してからも腸内環境は重要

近年、生まれてくる子供達が成長していくにつれて、アレルギー体質であると診断される確率が高まっていることをご存知でしょうか。

アレルギーは遺伝要素も特別ありませんが、赤ちゃんはお腹で育っている段階でママの腸内環境の影響を受けていることと関係があるのだとか・・・。

つまり妊娠がわかり嬉しいひと時にも、腸内環境を意識した生活が必要となります。

そこで今回は妊婦さんの体の変化や腸内環境についてまとめていきます。

妊娠すると免疫力は低下しやすい

妊娠初期は、まだ妊娠に気が付いていない人も多くいますが、この頃からすでに妊婦へと身体は変化し、免疫力が低下していきます。

妊娠する前の身体は、菌や異物から自分の身体を守るために免疫力を高めて防御する働きがありますが、妊娠すると自分プラス自分よりも赤ちゃんを優先に守る働きと変わります。

そのため、自分自身の免疫力が一時的に低下するので、風邪や怪我の治癒も遅く、さらに薬も飲めない状態ですので十分にケアして生活することが大切です。

またお腹で赤ちゃんが育つにつれて身体は大きな異物として認識してしまうため、必然的に流産などトラブルを招く確率は高いと言われています。

残念なトラブルを引き起こさないように、自分の免疫力を下げ、赤ちゃんは異物ではないことを体に教えている状態であり、まさにママが自分を犠牲にして赤ちゃんを守っている状態と言えます。

ストレス

免疫が下がれば赤ちゃんは守られる一方で、ママの身体には大き負担をかけてしまう。

その原因の一つがストレスです。

妊娠していない人でも月経前後はホルモンバランスが崩れ、肌トラブルやイライラ、あらゆるところが痛くなったりといった経験をしたことがあると思います。

妊娠後から出産後までは、ホルモンバランスは正常に維持されず、イライラしたり、体調を崩すことも度々・・・。

個人差はもちろんありますが、環境や人間関係、ちょっとしたズレをストレスに感じたりするのは、免疫力の低下よるものと考えられます。

旦那さんや周囲の人は100%あなたの状況を理解することは難しく、あなたに何が起こっているのかを理解できず、妊婦さんにとっては辛い時期と感じるケースが多いようです。

自分でも気づかない普段とは違うストレスを抱えながらの妊娠生活はストレスとの闘いとも言えるでしょう。

細菌性免疫の低下

免疫力の低下は細菌性免疫の低下とも言えます。

この細菌性免疫とは、ウイルスや細菌を沢山の免疫が結束して退治してくれる働きをします。

しかし、妊娠初期の段階では殺菌性免疫の働きも低下しているので、予期せぬ不快症状が現れます。

細菌性免疫が著しく低下することで、倦怠感が続き、疲れが取れない状態に陥ったり、そして感染リスクが非常に高まり風邪の症状も現れやすいのです。

妊娠中は便秘になりやすい

女性は元々便秘に悩まされることが多いのですが、特に妊婦の方は便秘の悩みを抱える方は多いようです。

実際に妊婦さんの70%が便秘に悩んだ経験があるというデータもあるようです。

また妊娠後期に入るにつれて、便秘になる確率は高まっていきます。

腸が圧迫される

赤ちゃんの成長に伴い、お腹(子宮)が大きくなっていくと、子宮周辺にある他の内臓器官が圧迫されてしまいます。

子宮の裏にあるとされる腸は特に、圧迫されやすい臓器であり、便が通る腸管が狭くなってしまう現象が起きます。

そのため便が通りづらくなり、便が溜まっていくので便秘に悩まされるのです。

便秘や子宮の膨らみにより内臓が圧迫され続ける状態は良い状態ではありませんが、赤ちゃんが生まれるまではある程度仕方のないことかもしれません。

また腸の神経が鈍くなり、蠕動運動が自然とできなくなる。

簡単に言うと麻痺して動きが鈍くなるということです。これを直腸性便秘と言い、余計に便が排出されづらい状態となっています。

便秘に繋がるその他の要因

水分を体内に溜めこむ働きを持つ黄体ホルモンは大腸からの水分を吸収し、大腸に存在する便からも水分を奪い、硬い便になってしまいます。

また流産のようなトラブルを引き起こさないように、赤ちゃんを守るため子宮筋を収縮させて抑制する働きをしますが、この動きにより腸を動かすための筋肉を緩めてしまいます。

他にも、黄体ホルモンが働くことで、食欲不振や自律神経が乱れたり、運動不足になったり、妊娠していない普段から黄体ホルモンは常に働いています。

しかし妊娠することで子供を優先的に守る機能と変化するため、便秘へと繋がる要因へと変わってしまうのです。

腸内環境は赤ちゃんに引き継がれる

ママのお腹で成長している段階の胎児は、菌の影響を全く受けない無菌状態で育ちます。

赤ちゃんは羊水や卵膜によって危険にさらされないよう完全防御されていますが、生まれて外界へ誕生する際に通らなければならない産道には、色んな菌が存在します。

実は産道に潜んでいる菌達は腸内細菌と同じということを覚えておきましょう。

ということは、産道を通るタイミングで、赤ちゃんは腸内細菌が体中に触れ、口に入ってしまうのです。

悲しい話ではありますが、生まれてきた瞬間に赤ちゃんの腸内にはすでに菌が入り込み潜んでしまうのです。

生児の腸内環境は?

妊娠中ママが便秘に悩まされているということは、ママの腸内に悪玉菌が多いことが考えられます。

そして生まれてきた赤ちゃんは悪気も無くママが蓄えた悪玉菌を引き継いで成長してしまう可能性もあります。

赤ちゃんは生まれて1週間頃、悪玉菌はほとんどなく、善玉菌が90%以上です。

市販で販売されている粉ミルクより、ママの母乳を飲んで育った赤ちゃんのほうが善玉菌は多いと言われています。

しかし、近年では粉ミルクも進化を遂げ、粉に入っている成分が母乳に近い成分で作られているため、痛い思いをしてまで母乳を絞り出すようなことはありません。

母乳が出ないと苦しむママでも心配いらずですのでご安心を。

また赤ちゃんの便が臭わないのは、母乳で育っている間、善玉菌が多いためとされています。

離乳食に変わり、色んなものを食べ始める時期になると、悪玉菌も自然と増えていき、便も臭いを放つようになります。

便秘は妊婦さんに限らず大変苦しい思いをしますが、赤ちゃんのことを考えると悪玉菌を最小限に抑えたいものです。

細菌の受け渡しを考慮した出産

悪玉菌を赤ちゃんへ引き継ぐことを避けるため、プエルトリコの病院では膣内ガーゼ法という出産援助方法を実施しています。

自然分娩ではなく帝王切開を用いて、誕生した赤ちゃんの口や身体の皮膚に、人為的に母親の細菌を着ける菌の少ない膣分泌物を塗ってしまう方法、または受け渡す機会を作ってしまうという方法です。

細菌が定着する瞬間を逃す問題はこの方法で解決できます。

出産時にしかできないため適切なタイミングで細菌を定着させることで子供たちがアレルギーになる確率を下げる一つの解決方法になっていると言われています。

日本では膣内ガーゼ法は主流ではありませんが、結果が出れば日本でも取り入れられる日が来るかもしれません。

~まとめ~

大切に長い期間をお腹の中で育ててきた赤ちゃんです。

今後のことを思えば、できる限りの腸内環境対策や予防は行なっておきたいところです。

あかちゃんが健康的で良い状態で生まれてこれるように、いろいろと気にかけてあげることが重要でしょう。