妊活に大切な体温は腸内環境の改善がポイント

妊娠・出産は人生における一大イベントです。

だからこそ無事にすべてを終えたいものです。

しかし健康な人であれば問題は少ないでしょうが、自律神経の乱れ、食生活、生活習慣など妊娠・出産時に注意を払うべきことは多くあります。

なぜならこれらの乱れは、妊娠や出産に悪影響を与えることがあるからです。

では今回は自律神経の乱れが体温に与える影響について、改善に適した環境や正常に妊娠するための体作りについて考えていきましょう。

ホルモンバランスや自律神経が乱れやすい

ホルモンバランスが崩れたり、自律神経が乱れたりするのは、「体の冷え」が原因となっていることがあります。

この「体の冷え」の原因ですが、外的要因が大きいと考えられます。

例えば、サマーシーズンにクーラーを強く効かせた部屋で長時間過ごすことは体を冷やします。

こういった体を冷やす行為自体が、冷え性の原因となってしまうのです。

また暑いい時期は、ついつい水分を多く摂取しまいがちですが、過分な水分を体内に取り入れることも、「冷えの原因」になるとも言われています。

また寒いシーズンも、長時間寒い場所ところにいれば体を冷やすことになりますので、やはり「冷えの原因」になってしまいます。

こういった体を冷す行為は、慢性的な冷え症の原因になることもあります。

またホルモンバランスが崩れたり、自律神経が乱れたり、結果的に月経周期の乱れにつながり、最終的に妊娠しづらい体になってしまうことも。

つまり妊活を行なう際は、この「体を冷やす」行為は回避すべきこととなります。

血行不良で子宮や卵巣の働きが低下

では次に血行不良についてみていきましょう。

この血行不良ですが、実は「冷え」の大半の要因となっています。

例えば、事務職でデスクワーク中心の仕事の場合、勤務中座りっぱなしという方が多いでしょう。

こういったライフワークを長く続けると、「下半身の筋肉」が低下してしまうことも考えられます。

そして筋力が下がると、心臓に血液を戻す力が弱まり、臓器から細胞まで栄養分や熱が上手く運べなくなってしまいます。

その結果、血行不良に・・・

またウエスト回りがきついジーンズなどを履くのも、ウエストを締め付けますので、血行不良の原因になることもあります。

この血行不良は、妊娠や出産に重要な子宮や卵巣の機能を低下させる原因にもなります。

腸内環境を改善すると体温が上がる

妊活中のNG行為はいくもありますが、食べ物にも注意を払いたいものです。

例えば、しっかり栄養を摂取しようとお肉ばかり食べるような偏食は、腸内環境の悪化につながります。

腸内環境を改善する方法はいくつもありますが、冷え解消にもなる生姜が入ったジンジャーティーがオススメです。

生姜に含まれる成分が体を芯から温めてくれます。

またホットミルクにココアを混ぜたホットミルクココアもいいですね。

手軽にお試しできる飲み物を、ちょっと変えてみるだけでも効果が見込めます。

基本的には、野菜と肉と魚などをバランスよく摂取することが基本となりますが、腸内環境の改善につながるように食生活を見直すことが大切です。

そして腸内環境を整えて、体温を正常に保つことで、「冷え性」になりづらい体を作りましょう。