収入の安定や年齢など子どもを作り始めるきっかけはそれぞれのご家庭にあると思います。

そうなると、

「最初はどうしても男の子が良い!」

「女の子2人が良い!」

など、いろいろな希望がどのご家庭にも出ますよね!

今回は、そんなご夫婦に役立つ「男女産み分け法」というものについて話をしていこうと思います。

男女産み分け法とは?

簡単に説明すると、あらかじめ希望の性別を決めておき、それぞれの性別が産まれる確率の高い方法で妊活を行う方法です。

詳しい方法を見る前に、まずは性別が決まるメカニズムについてみていきましょう。

性別が決まるメカニズムについて

遺伝子を形作り染色体は、卵子は1種類、精子は2種類とされています。

実は性別は、これらの組み合わせによって決まるのです。

これらを踏まえた上で男女を産み分けるための方法についてみていきましょう。

気になる方法は?

まずは「排卵日を特定」しましょう。

次に「精液量の調整」をします。

ここで男の子を希望する方は、排卵日まで4~5日性行為および、自慰行為を控えましょう。性行為のタイミングは排卵日当日が望ましいです。

また、女性を満足させる性行為を行うことで膣内がアルカリ性に変化するので、男の子を形作り染色体が生き残りやすくなります。

ですので、男の子を産む場合は、しっかりと深い性行為で女性を満足させつつ、奥で射精するようにしましょう。オススメのアイテムはグリーンゼリーです。

女の子を希望する方は、適度に射精をして精液量を減らしておきましょう。性行為のタイミングは排卵日の2~3日前が望ましいです。

女の子を産む場合は、男の子を産む場合とは逆で、女性をあまり満足させない性行為を心掛けましょう。女性が満足してしまうと膣内がアルカリ性になってしまうので男の子が産まれやすくなってしまいます。

ですので、女の子を産む場合は、膣内が酸性になるよう心がけ淡泊な性行為を心掛けましょう。オススメのアイテムはピンクゼリーです。

食生活でも産み分けが!?

昔から食事によって、男女が変わるという話をよく聞きますが、これは正直なところあまり根拠はありません。

ただ、こういった噂がずっと絶えないということはまだ証明されていないだけで試す価値は十分にあるといっても良いかもしれませんね。

妊活をする半年~3か月前くらいから試してみてください。

食生活での産み分けは比較的単純です。

男の子を希望する場合は肉や魚などの動物性たんぱく質を中心とした生活を心掛けましょう。

女の子を希望する場合は、野菜や果物、貝類などを中心に摂取しましょう。

たったこれだけです!簡単ですよね。

ただし、偏った食生活は体を壊す原因になります。なので、比率を少し上げるくらいの気持ちでバランスの良い食事を心掛けましょう!

最近では産婦人科などで独自の産み分けを行っているところもあるようです。

方法は紹介したもの以外にもいくつかあるので、相談をしながら一緒に取り組んでみるのも良いかもしれませんね!

また、確実に産まれる!という手段は1つもないので、あまり意固地にならず「こうなれば良いな」くらいの気持ちで実践してみてくださいね!